Matsuzakaya
松坂屋トップへ ショッピングサイトマップ



歴史のなかの松坂屋
江戸時代
明治時代



松坂屋ことはじめ
制服、土足入場、エレベーターガール・・・。 これらは今ではあたりまえのことですが、 初めはどれも画期的なことばかり。松坂屋 が先鞭をつけた出来事を「松坂屋ことはじめ」として紹介してまいります。
年表

上野店百貨店百年top



文学のなかの松坂屋
”蜀山人”の見た松坂屋
”漱石”の見た松坂屋
”西条八十”の見た松坂屋




松坂屋「ひと・こと・もの」語り 松坂屋ことはじめ

          震災から復興(1923年)

 1923年
(大正12)
9月 2日   関東大震災に類焼
9月15日  慰問袋(10万袋)を配布
10月1日  池之端仮営業所開店
10月1日〜 東京市設衣類雑貨臨時市場を開設
12月10日 木造2階建て仮店舗を開店

 1925年
(大正14)

5月1日 商号から呉服店を外し、松坂屋に統一〔百貨店初〕

 1927年
(昭和2年)

10月15日 食堂係員の制服を洋装化

 上野店は、1923(大正12)年9月1日の関東大震災の翌日に類焼、灰燼に帰しました。ただちに再建に取りかかり、1ヵ月後に仮営業所、2ヵ月後には仮店舗を立ち上げました(このとき初めて土足入場を実施)。
  同時に、救護活動にも積極的に取り組み、街頭で医療活動、麦茶のサービスを行うとともに、罹災者には10万袋もの「慰問袋」(食料品、日用品などをパック)を配りました。
東京市からの委嘱で、13ヵ所に「東京市設衣類雑貨臨時市場」を設け、衣類や日用品の供給にもつとめました。
1925(大正14)年には、松坂屋いとう呉服店を松坂屋に改め、商号から呉服店を外した最初の百貨店になりました。品揃えの拡大により、呉服店の名がそぐわないものになっていたのです。
その一方、呉服にも力を注ぎ、1925(大正14)年から「流行会」を開催し、その年流行の色と模様を提案するようになりました。情報の発信基地であったわけです。
 
慰問袋
仮店舗
商号統一


【上野店百貨店百年 トップへ戻る】  
ショッピング | サイトマップ