Matsuzakaya
松坂屋トップへ ショッピングサイトマップ



歴史のなかの松坂屋
江戸時代
明治時代



松坂屋ことはじめ
制服、土足入場、エレベーターガール・・・。 これらは今ではあたりまえのことですが、 初めはどれも画期的なことばかり。松坂屋 が先鞭をつけた出来事を「松坂屋ことはじめ」として紹介してまいります。
年表

上野店百貨店百年top



文学のなかの松坂屋
”蜀山人”の見た松坂屋
”漱石”の見た松坂屋
”西条八十”の見た松坂屋




松坂屋「ひと・こと・もの」語り 松坂屋ことはじめ



上野店 百貨店 百年
1907年(明治40年)4月1日、松坂屋上野店は、それまでの呉服店から百貨店へと業態転換を図りました。 爾来100年、関東大震災、太平洋戦争の空襲などを乗り越え、発展を続けてまいりました。 まさに、わが国の百貨店の歴史そのものと言ってもよいほど、売場、施設、サービスなど様々な分野で、先駆者でありつづけました。 都市文化をリードし、祝祭空間や流行の発信基地としての百貨店の形を築いたのも、上野店の力が大きく与っています。 ここでは、その歩みをご紹介します。


1907年




陳列式立売りへ
  1907(明治40)年4月1日、江戸時代から続いた座売りを陳列式立売りに改め、呉服に加え雑貨、家庭用品なども扱い始めました。ショーウインドーを巡らし、女性社員を初めて採用したのもこの年です。

1916年




新本館を建築
  1916(大正5)年に、洋風4階建ての新本館が竣工しました。翌1917(大正6)年に第2期工事が完成して、延べ6,600u(2,000坪)になった店舗は、帝都の名建築の一つに数えられました。

1923年




震災から復興
  上野店は、1923(大正12)年9月1日の関東大震災の翌日に類焼、灰燼に帰しました。ただちに再建に取りかかり、1ヵ月後に仮営業所、2ヵ月後には仮店舗を立ち上げました(このとき初めて土足入場を実施)。

1929年




本館を新築
  1929(昭和4)年に建築したルネサンス風の荘厳華麗な新館は、上野広小路の都市風景をも一変させたといわれました。電話に民間初の自動交換機を採用するなど、設備も時代の最先端を行くものでした。

1957年




南館を増築
  1957(昭和32)年に南館を増築。この地下3階、地上7階の画期的な増床で、売場面積は本館と合わせて、35,000uに達しました。
ショッピング | サイトマップ