Matsuzakaya
松坂屋トップへ ショッピングサイトマップ



歴史のなかの松坂屋
江戸時代
明治時代



松坂屋ことはじめ
制服、土足入場、エレベーターガール・・・。 これらは今ではあたりまえのことですが、 初めはどれも画期的なことばかり。松坂屋 が先鞭をつけた出来事を「松坂屋ことはじめ」として紹介してまいります。
年表



文学のなかの松坂屋
”蜀山人”の見た松坂屋
”漱石”の見た松坂屋
”西条八十”の見た松坂屋



松坂屋「ひと・こと・もの」語り 文学のなかの松坂屋








蜀山人こと大田南畝(なんぽ)(1749-1823)は、江戸文壇の中心的存在で、狂歌(機知とユーモアの和歌)、黄表紙(絵入り小説)だけでなく、漢詩文も当代一流といわれた人物です(編著に『万載狂歌集』『寝惚先生文集』『一話一言』等多数)。
同時に幕府の有能な官吏でもありました。
 
蜀山人像(伝・谷文晁画)


その蜀山人が、1814年(文化11年)の春、松坂屋の上野店に店主を訪ねて、
あたらしきみつ葉よつ葉の松坂屋
      いとうるほいもふかきはるさめ
と詠んでいます。

また、著書の『万紫千紅』(1818年刊)には、
松坂屋の別荘は根岸といふ所にあり、はつき(注:葉月。旧暦の八月)六日ここにはじめて萩の花をみて
夕日かげ山の根ぎしの西陣に
      にしきをり出す萩のはつ花
の狂歌が載っています。


その蜀山人の見た、江戸時代中後期の上野店を、錦絵や引札(ちらし広告)でご覧ください。

【画面をクリックするとズームアップでご覧いただけます】
漱石のみた松坂屋
ショッピング | サイトマップ