画廊情報 6月|松坂屋名古屋店
2/5

このところ無情という言葉に取りつかれています。描いてみたところで何もわかりはしないのですが、追いかけて描いていた時間、私は確かに生きていました。刹那を、流れを、私の表現で描きたいと思います。まだまだ未熟な作品達ですが、ご高覧賜ることができたなら幸せに思います。                                牧野 環細密技法による独自の画風で好評を集め、気鋭の俊英作家として注目を集める榎俊幸先生の9年ぶりの個展。人物や想像上の動物を深遠な精神性とロマンチシズムに表現した秀作約20点を展観いたします。※都合により変更になる場合がございます。ご案内 ●6月10日(土)・11日(日) 作家来廊予定12第3回西川克己 洋画展 5月31日●水 →6月6日●火榎 俊幸 絵画展 6月7日●水 →13日●火「この光の消えぬうちに」 50号 税込 1,728,000円「吉野の風」 20号 税込 1,036,800円「月に近い家」 91.0×41.0cm 税込 1,080,000円5月31日●水 →6月6日●火第三回牧野 環 日本画展1974年 愛知県西尾市吉良町生まれ1999年 再興第84回院展初入選2001年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科    日本画専攻修了2002年 雪舟の里総社墨彩画公募展 雪舟大賞受賞2008年 愛知県委託事業、東寺伝真言院曼荼羅模写従事2010年 「未だ青き道」(松坂屋名古屋店)2012年 特別展 岸~歌会始御題によせて~(神宮美術館)2014年 愛知県委託事業、金剛峯寺所蔵仏涅槃図模写従事    「甘き水を探しに」(松坂屋名古屋店)「索冥」 50F 税込 2,592,000円1961年 東京都生まれ1986年 東京藝術大学卒業・デザイン賞1988年 東京藝術大学大学院修了    個展(東京)1989年 東京藝術大学研究生修了1992年 前田寛治大賞展(倉吉博物館/日本橋髙島屋)2001年 東京藝術大学非常勤講師(~’04)2005年 「内なる目」榎俊幸展(おぶせミュージアム/中島千波館)2009年 「観○光 EXPO 2009」(~’11/京都)2012年 「観○光 EXPO 2012」(~’16/京都、鎌倉)    「ざ・てわざⅡ ~未踏への具象~」(日本橋三越本店)2015年 「参 ~ザ・ヒロサワシティの作家たち展」(つくば銀行本部)    「不○空 FU-KU Project in Iwami」    中堀慎治×榎俊幸展(浜田市立石正美術館)2016年 「ざ・てわざⅢ ~未踏への具象~」(日本橋三越本店)2017年 「榎俊幸 絵画展」(松坂屋名古屋店)現 在 日本美術家連盟会員2015年 再興第100回院展 奨励賞2016年 再興第71回春の院展 奨励賞    創と造 東京美術倶楽部ほか(’17)    院展受賞作家新作展(松坂屋名古屋店)2017年 「この光の消えぬうちに」    (松坂屋名古屋店)現 在 日本美術院 院友師 片岡球子 松村公嗣キャンバスを張り、下地をつくり、そこに線が入り、色がついてくると何かが始まりそうな予感がします。そして描き進めるうちにそこに物語を感じるようになります。観る人それぞれのストーリーがどんどん膨らんでいく作品を描きたいと思っています。西川克己【画歴】1970年 埼玉県生まれ1996年 東京藝術大学美術学部    デザイン科卒業2001年 渡仏(~’03)2005年 絵の現在選抜展銀賞    しんわ美術展銀賞2006年 川越を描くビエンナーレ    入選【展示】東急渋谷本店阪急うめだ本店仙台三越伊勢丹新宿店松坂屋名古屋店Art Gallery 山手ギャラリー杉その他 画廊・百貨店多数この光の消えぬうちにご案内 ●6月3日(土)14時~ 牧野 環先生によるギャラリートークを開催いたします。※都合により変更になる場合がございます。

元のページ 

page 2

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です