画廊情報 8月|松坂屋名古屋店
3/5

お問い合わせ先 : 松坂屋名古屋店 美術画廊 052-264-338434第5回井上慎介 油彩展 8月16日●水 →22日●火染付体験のご案内 ●8月19日(土)・20日(日)各日13時~16時 参加費無料※都合により変更になる場合がございます。第3回與語小津恵 作陶展 8月16日●水 →22日●火待田和宏 陶芸展 8月9日●水 →15日●火染付大皿「えんどうまめ」 径40.5×高さ6.5cm 税込129,600円1998年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科修了1999年 第30回東海伝統工芸展    「東海伝統工芸展奨励賞」受賞2002年 愛知県西加茂郡小原村(現在 豊田市)に築窯2004年 松坂屋「柏窯会展開催」(’05 ’06 ’07)2010年 松坂屋 個展開催(’13)2012年 「CERAMICS NOW 2012」出品    (岐阜県現代陶芸美術館)2016年 「美濃陶芸の明日展2016」    (多治見市美濃焼ミュージアム)現 在 (社)日本工芸会準会員 豊田市にて作陶第3回與語小津恵作陶展を開催させていただきます。先日、明治初期の染付に触れる機会があり、青と白の繊細な美しさに心惹かれました。その美しさを目指して、私も丁寧な制作を心がけ、一歩一歩進んで参りたいと思います。ぜひご高覧くださいますようご案内申しあげます。「カマキリ」 SM 税込 162,000円1963年 大阪生まれ1988年 愛知県立芸術大学卒業1990年 愛知県立芸術大学大学院修了1991年 愛知県立芸術大学大学院研修科修了    白日会展佳作賞受賞(会友推挙)1992年 白日会展会友奨励賞受賞    (準会員推挙)1993年 「明日の白日会展」出品    (銀座松屋 ’95、’96)1994年 白日会会員推挙2008年 「白翔の会展」出品    (松坂屋名古屋店 ~’14)2014年 第16回「雪梁舎フィレンツェ賞展」    大賞受賞   2015年 白日会展大宥美術賞受賞    白日会「英英紅綠」展出品(日本橋三越 ’16)2017年 第5回 井上慎介油彩展(松坂屋名古屋店)            現 在 白日会会員いつも身の回りのものを描いている。口に出さないけどそこに居てくれて在ってくれて嬉しい。そんな気持ちを記憶をたどって描いていくとこんな事になっているのです。                   井上慎介撓屈「涘Ⅴ」 径11.4×高さ28.2cm税込 270,000円窯に火が入る 手をあわせる とびらをあける 作品が微笑んでいるこのたび、松坂屋のご厚意により8年ぶり3回目の作品を発表させていただく事になりました。ご高覧いただき、ご指導賜りますようお願い申しあげます。待田和宏1976年 大阪芸術大学工芸学科陶芸専攻卒業    楠部彌弌先生(文化勲章受章、日本芸術院会員)に    内弟子として師事1979年 日展初出品初入選    特選受賞(’97、’09) 無鑑査出品(’98、’10)    委嘱出品(’11~)1980年 京都市美術展入選1981年 日本新工芸展入選 東海テレビ賞受賞(’90)    日本新工芸賞受賞(’91)    日本新工芸会員佳作賞受賞(’95、’97、’07)    日本新工芸展審査員(’97、’01、’04、’13、’15、’17)    日本新工芸会員賞受賞(’98)    上野の森美術館賞受賞(’03)    文部科学大臣賞受賞(’11)1990年 明日をひらく日本新工芸選抜展〈箱根〉    彫刻の森美術館大賞受賞(’95)2000年 セラミックアートFuji国際ビエンナーレ展〈山梨〉    推薦出品(同 ’02、’04)2002年 松坂屋名古屋店「現代陶芸精鋭作家展」に出品    (同 ’03、’04、’05、’06、’07)2003年 「待田和宏作品展」を松坂屋名古屋店にて開催    (同 ’09、’17)2005年 「待田和宏作品展」を瀬戸市美術館にて開催2014年 改組 新 第1回日展審査員現 在 日展会員 日本新工芸家連盟理事    安美展審査員長 安城文化協会理事「青白磁彩刻 菖蒲文花瓶」 径36.0×高さ31.8cm税込 864,000円「掛花入」 径6.6×奥行6.1×高さ19.0cm

元のページ 

page 3

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です