画廊情報 10月|松坂屋名古屋店
3/5

43土は自ら調整し、釉薬は厚く重ね掛けをする、そこから生み出される青瓷は、淡く柔らかな青と釉層のひび割れが日本人の美意識を刺激する。新たな青瓷(汝窯風)も加わり、茶垸、香炉、花入を中心に展観いたします。何卒ご高覧賜り、ご批評、ご指導賜りますよう宜しくお願い申しあげます。  若尾 誠若尾 誠 作陶展 10月11日●水 →17日●火1959年 岐阜県多治見市生まれ1984年 日本伝統工芸展初出品初入選1996年 淡交ビエンナーレ 入選1999年 陶芸桔梗賞 受賞2000年 日本工芸会正会員になる    美濃陶芸永年保存作品〔粉青瓷輪花組鉢〕が選定2004年 NHK BS2 器夢工房「青に魅せられて」放映2009年 第40回東海伝統工芸展 最高賞受賞2011年 岐阜県伝統文化継承功績者顕彰(青瓷)2012年 粉青瓷輪花大皿(宮内庁買い上げ)2015年 第8回現代茶陶展 TOKI織部奨励賞    第6回菊池ビエンナーレ 入選2016年 第47回東海伝統工芸展 愛知県教育委員会賞    第9回現代茶陶展 TOKI織部優秀賞    市制76周年記念表彰にて多治見市表彰 授与2017年 DISCOVER THE ONE JAPANESE ART 2017     (イギリス)現 在 日本工芸会正会員 東海支部 幹事「青瓷香炉(汝窯風)」径12.4×高さ13.8cm 税込 270,000円「粉青瓷茶垸」幅13.7×奥行12.5×高さ11.3cm 税込 345,600円「平安楽土」 P30 税込 907,200円1975年 愛知県生まれ2000年 愛知県立芸術大学美術学部日本画専攻卒業2002年 愛知県立芸術大学美術研究科日本画専攻修了    修了模写「平治物語絵巻復元模写」優秀作品賞    名古屋城本丸御殿障壁画復元模写事業(~’16)2003年 再興第88回院展初入選(以後10回入選)2004年 第59回春の院展初入選(以後8回入選)    勢の会日本画展(松坂屋名古屋店、~’13)2005年 第二回万葉日本画大賞展入選(以後2回入選)    葵会日本画四人展(東武百貨店)    雄雄会日本画展(松坂屋名古屋店/銀座店、~’10)    うづら会日本画展(日本橋三越本店、~’13)2006年 長湫会日本画展(日本橋髙島屋本店、~’10)2008年 青二会日本画展    (そごう心斎橋店/横浜店/池袋店、~現在)2011年 日本画三人展(松坂屋名古屋店)2014年 若鶉会日本画展    (日本橋三越本店/名古屋栄三越、~現在)2015年 特集展示「あの人を訪ねて」(郷さくら美術館)    風雅の会日本画展    (松坂屋名古屋店/大丸心斎橋店、~現在)2016年 個展(東武百貨店)2017年 第102回再興院展    奨励賞/天心記念茨城賞    「阪野智啓日本画展」(松坂屋名古屋店) 師  松村公嗣現 在 愛知県立芸術大学 准教授    日本美術院 院友「歴史のかたち」このたび、松坂屋名古屋店にて地元での初個展を開催させていただくこととなりました。これまで主に日本の歴史人物や祭礼をテーマに、古典絵画から学習した成果を取り入れながら制作を続けて参りました。本展では「歴史のかたち」と題し、古代から中世にかけて自ら歴史をかたどってきた人物や、あるいは後世に語り継がれることによってかたち創られた人物の姿を再現することを試みております。なにとぞご高覧およびご批評賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。阪野智啓阪野智啓 日本画展 10月11日●水 →17日●火ともひろ

元のページ 

page 3

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です