画廊情報 10月|松坂屋名古屋店
5/5

電話(052)251-1111 〒460-8430 名古屋市中区栄3-16-1【営業時間】本館地下2階~3階、南館地下2階~3階、北館1階~3階は10時→20時 その他のフロアは10時→19時30分。ただし、本館9・10階、南館4階~10階、北館地下1階で営業時間が異なる店舗もございます。ヨセミテ国立公園に存在する巨大な一枚岩、エル・キャピタン。40年前アメリカに留学され、現代美術のうねりを体感された先生は、エル・キャピタンの放つ圧倒的な存在感を制作の基盤として、これまでダイナミックな発想による数々の作品を発表され、その鮮烈な造形は多くの愛陶家を魅了しています。5年ぶりとなる今展は、これまでテーマとされた花冠、淵淵などを加えた渾身作を一堂に展観いたします。ぜひこの機会にご高覧賜りますようご案内申しあげます。三輪和彦 エル・キャピタン Ⅱ 展 10月25日●水 →31日●火1951年 山口県萩市に生まれ1975年 米国遊学 SFAI1984年 現代の陶芸Ⅱ 「今、大きなやきものに何が見えるか」    (山口県立美術館/山口)1991年 「立体表現の流れ」展(山口県立美術館/山口)1992年 「日本の陶芸『今』百選」展    (三越エトワ-ル/パリ、日本橋三越本店/東京)1993年 『陶vol.90 三輪和彦』京都書院より刊行1995年 はぎやき展 「破格と前衛の造形」(山口県立美術館/山口)1996年 「三輪窯 伝統と革新の歩み」展(松坂屋美術館/名古屋)1998年 Lazer 1998Kazuhiko MIWA Project    (秋吉台国際芸術村/山口)2000年 個展 「三輪和彦の茶室・黎 -REI-」    (山口県立萩美術館・浦上記念館/萩)2001年 「三輪窯三人展」 -休雪・龍作・和彦-    (松坂屋/名古屋・東京・大阪)    「アジア太平洋現代陶芸」展(台北現代陶芸美術館/台湾)2002年 個展 「三輪和彦 白き地の詩」 (松坂屋/名古屋)    「現代陶芸の100年」展(岐阜県現代陶芸美術館/多治見)「淵淵」幅14.1×奥行き13.8×高さ8.8cm 税込 702,000円「エル・キャピタン」幅12.7×奥行き11.7×高さ13.2cm 税込 864,000円2003年 「現代陶芸の華 -響きあう色とかたち-」    (茨城県陶芸美術館/笠間)2006年 「日本陶芸100年の精華」(茨城県陶芸美術館/笠間)    第1回「パラミタ陶芸大賞」展(paramita museum/三重)    日本陶磁協会賞受賞2007年 個展 三輪和彦 「春華を待つ」(松坂屋/名古屋)2008年 「KOUGEIの素姿」 試論1回転体について    (ギャラリーヴォイス/多治見、ギャラリー册/東京)2009年 第20回 「日本陶芸」展 -招待-    (大丸ミュージアム/東京・大阪、茨城陶芸美術館/笠間)2011年 「オブジェ -陶造形の潜勢力-」    (山口県立萩美術館・浦上記念館/萩)2012年 個展 三輪和彦 「淵淵の白Ⅱ」(松坂屋/名古屋)    国際陶芸アカデミー会員    山口県選奨賞 受賞2015年 「素材のかたち」展(山口県立萩美術館・浦上記念館/萩)2016年 「洗練・華麗・増殖-進化するフォルム 現代陶芸・案内」    (茨城県陶芸美術館/茨城)    「革新の工芸 “伝統と前衛”、そして現代」    (東京国立近代美術館工芸館/東京)    近代工芸と茶の湯Ⅱ(東京国立近代美術館工芸館/東京)2017年 現代の茶陶(茨城県陶芸美術館/茨城)ART 百花繚乱大丸・松坂屋アートブログ松坂屋美術館名古屋店 南館7階名古屋店画 廊上野店静岡店

元のページ 

page 5

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です