前史 歴史の中の松坂屋

松坂屋ゆかりのひと
淀  殿(1569?-1615)
桃山の美
 秀吉の側室で秀頼の母である淀殿は、絢爛豪華な桃山時代にひときわあでやかに咲いた花でした。この淀殿が所用したと伝えられる慶長小袖が、京都店の染織参考館に大切に保管されています。1934年には、当時の姿そのままに復元しました。

伝淀殿所用の慶長小袖
(実物) (復元)

1745年(延享2年)
京都室町錦小路に仕入店を開設
 1745年(延享2年)には、仕入れの本拠地である京都(室町姉小路)に店舗を開設しました。次第に繁盛し、1749年(寛延2年)には現在の新町通六角町に新築移転しました。何度か類焼しましたが、その都度再建し、江戸時代の構えを今に伝えています。

昔ながらのたたずまい ・・・京都店

江戸時代 II 1 II 2 II 3 II 4 II 5 II 6 II
TOP II 江戸時代 II 明治時代 II