[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]
松坂屋「ひと・こと・もの」語り 歴史の中の松坂屋





松坂屋ゆかりのひと
夏 目 漱 石 (1867-1916)
赤い暖簾の松坂屋
   江戸から明治にかけての商家の暖簾(のれん)は、紺地に白抜きのものが殆どでしたが、 いとう呉服店(松坂屋)の暖簾には地色が赤(柿)色のものもありました。

  江戸っ子の夏目漱石が、1896年(明治29年)に、江戸時代の風情を残す上野の松坂屋を次のように詠んでいます。

「乙鳥(つばくろ)や赤い暖簾の松坂屋」




江戸時代のコーポレートカラー
松坂屋の赤い暖簾

1907年(明治40年)
上野店 座売りから陳列販売へ
 上野店は、1907年(明治40年)、江戸時代から続いた座売りを陳列販売方式に改め、取り扱い商品に雑貨、家庭用品などを加えました。1階にはショーウインドーを巡らしました。
女子店員をはじめて採用したのもこの年です(女優の飯田蝶子は1913年の入社)。
この画像をクリックすると当時の店内がご覧いただけます。

店舗改修後の上野店。1階の前面にみえるのがショーウインドー
明治時代 II 1 II 2 II 3 II 4 II
TOP II 江戸時代 II 明治時代 II

[an error occurred while processing this directive]