美術画廊

HOME 展覧会スケジュール 「陶の博物誌 彩り」第四回 杉浦康益展

第一・第二画廊
「陶の博物誌 彩り」第四回 杉浦康益展

会期:3月21日(水・祝)→27日(火) 
最終日は16時閉廊

太平洋を望む真鶴町の工房で、自然に囲まれながら植物を詳細に観察し、その精緻な造形美を追求した「陶の博物誌」シリーズを展開する杉浦康益先生の四回目の個展。
やきものの領域を超え、時には「溢れる生命力」を、時には「もののあわれ」を感じさせる圧倒的な表現力を発揮する先生が、今展では新たな釉調により彩られた新作約30点を一堂に展観いたします。

img1

略 歴

  • 1949年 東京都生まれ
  • 1975年 東京藝術大学大学院
    美術研究科陶芸専攻修了
  • 1984年 神奈川県真鶴町に移転、築窯
  • 1990年 NHK制作「工房探訪・つくる」出演
  • 1999年 NHK制作「やきもの探訪・思うがままに」出演
  • 2006年 パラミタ大賞展 大賞受賞
  • 2007年 第14回日本現代芸術振興賞受賞(日本文化藝術財団)
  • 2008年 西アフリカ研修旅行 コートジボワール、マリ共和国、ブルキナファソ(財団法人菊地美術財団 海外研修助成事業)
  • 2013年 2012年度日本陶磁協会賞受賞(日本陶磁協会)
  • 2015年 個展「Natural history of Ceramics, making Nature」 iart gallery (台湾、新竹市)
  • 2016年 京都ホテル フォーシーズンズ「陶の花」ロビー階に設置
    個展「Natural history of Ceramics, making Nature」B.B.Art gallery(台南市)
  • 【主なグループ展】
  • 2001年 現代陶芸の精鋭-21世紀を開くやきものの手法とかたち-展(茨城県立陶芸美術館)
  • 2002年 現代陶芸の100年展(岐阜県現代陶芸美術館)
  • 2005年 アジアの潜在力-海と島が育んだ美術(愛知県美術館)
  • 2006年 大地の芸術祭「風のスクリーン」(越後妻有トリエンナーレ)
  • 2007年 第22回現代日本彫刻展「陶の植物園」(宇部市常磐公園)
  • 2009年 水と土の芸術祭2009「陶の花の館」(新潟)
    大地の芸術祭「風の砦」(越後妻有トリエンナーレ)
  • 2010年 New Collection 2008(西宮市大谷記念美術館)
  • 2012年 大地の芸術祭「畦の花館」(越後妻有トリエンナーレ)
    「東京藝大出身の陶芸家たち」展(智美術館/東京)
  • 2013年 瀬戸内国際芸術祭「段々の風」(女木島)
  • 2015年 「VERY FUN PARK in TAIPE 2015」(台湾)
  • 2017年 「美術館x植物!? アートで植物採集」大谷記念美術館(西宮市)
    「日本の工芸ー自然を愛でる」国立近代美術館工芸館(東京)

美術画廊

松坂屋名古屋店 本館8階
〒460-8430 名古屋市中区栄三丁目16番1号 地図を見る 地下鉄名城線矢場町駅 地下通路直結(5・6番出口) /
地下鉄栄駅 16番出口より南へ徒歩5分

052-251-1111