美術画廊

HOME 展覧会スケジュール 西嶋豊彦 百花繚乱 ~日本画の多様性~

第一・第二画廊西嶋豊彦 百花繚乱 ~日本画の多様性~

会期:2022年6月8日(水)→14日(火)
最終日は16時閉場

華道家の假屋崎省吾先生による生け花と日本画のコラボ―レーションを開催し、展覧会場を華の祭典として彩った西嶋豊彦氏。国内外を問わず精力的に活動される先生の、今回200点余りの作品を展示する色鮮やかな展覧会となります。
また、2年に亘り表千家の茶道雑誌表紙絵を担当され、令和4年度の表紙絵「12か月の花々」は、本展にて初公開となります。
更に、原料の木から育て、自ら漉くことにこだわる透かし和紙「絵和紙」を用い、ロボット技術を併せた「白孔雀和紙ロボット」の展示もいたします。
華やかな日本画の多様性を感じていただけたら幸いです。
ぜひこの機会にご高覧くださいますようお願い申しあげます。

img1

略歴

  • 1966年 滋賀県生まれ
  • 1990年 京都芸術短期大学(現:京都芸術大学)日本画専攻科修了
  • 2004年 京の今日展(京都文化博物館)京都府買い上げ
  • 2006年 京都芸術新人賞受賞(京都市) 日経日本画大賞展(ニューオータニ美術館)
  • 2016年 「かみ座」hand-made paper picture art 研究所設立
  • 2017年 御寺泉涌寺 絵和紙奉納  本願寺渉成園 絵和紙奉納
  • 2021年 「花のある一日」コラボレーション:假屋崎省吾(三越本店)
    「色は光、水は恵み」(三越本店)


個展を中心に国内外で発表(ニューヨーク、フランス、イギリス、スイス、マイアミ、サンフランシスコ、シアトル、三越伊勢丹、高島屋、大丸松坂屋等々)
その他、公募展、コンクールでも入選多数
グループ展多数(二条城、清水寺、泉涌寺、圓通寺、高台寺、東本願寺、圓徳院、建長寺、円覚寺、浄智寺他)


自ら木を育て、紙漉きを行い、漆も学び、様々な事に挑戦を行ってきた
2021年Flower Ballシリーズ・ディスレクシアの寄付「西嶋豊彦基金」設立

美術画廊

松坂屋名古屋店 本館8階
〒460-8430 名古屋市中区栄三丁目16番1号 地図を見る 地下鉄名城線矢場町駅 地下通路直結(5・6番出口) /
地下鉄栄駅 16番出口より南へ徒歩5分

052-251-1111