赤ちゃんができたなら


初正月

初正月の飾りである羽子板や破魔弓は、
末永く続く幼子の人生の始まりを示す飾りであり、
魔除け、厄除けの飾りとしての意味を持ちます。

羽子板(女の子)や破魔弓(男の子)などを飾られることが多いです。

 ※写真はイメージです。
羽子板

羽子板

羽子板は、羽根突きの羽根の飛ぶ様がトンボに似ていることから、厄よけのまじないとして、子供の無事を願う気持ちが込められています。トンボは、病気を運ぶ蚊を殺すことから厄よけのシンボルとされています。

破魔弓

破魔弓

破魔弓の弓には、武勇を表し、さらに邪気をはらい、目に見えない精霊を退散させる力のあるものという意味と、人間には知ることのできない方向と距離を判定する占いの道具としての意味があります。

本館5階の人形特設会場で、11月中旬~12月末日頃にコーナーを開設いたします。

詳しいご相談は、本館5階の人形特設会場へご相談ください。専門のスタッフが丁寧にお答えいたします。

■お問合せ 052-264-2708

*上記売場開設時以外は、専門スタッフがいない場合がございます。


掲載商品の中には、店頭在庫が少ないものもございます。
お取り寄せとなる商品につきましては、1週間程度お時間をいただく場合がございます。

松坂屋名古屋店トップページに戻る