ファインアートコレクション|松坂屋名古屋店
48/53

48「諸国名所百景 尾州名古屋真景」 34.6×23.9cm 1859(安政6)年二代 歌川広重 (1826~1869)徳川家の威光を象徴する名古屋城。天守閣に輝く金の鯱を大胆な構図で表現している。「東海道五十三次 五十五枚全揃」 間判22.2×34.0cm 1848〜55(嘉永)年頃歌川広重 (1797~1858)「東海道五十三次之内」の題字が行書体で書かれているので、通称「行書東海道」と呼ばれているシリーズの五十五枚揃い。浮世絵版画

元のページ 

page 48

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です