【〈美術画廊〉展覧会スケジュール】6月3日(水)からのご案内

本館7階 美術画廊・上野が、すき。ギャラリー

 

第29回 無名会 日本画展

200316_bijyutugarou_border.jpg

期間:6月3日(水)→9日(火) ※最終日は17時閉場

場所:本館7階 美術画廊

 

「いつも自分は無名であるという事、この事を忘れずに日々精進する事が大切である」との松尾先生の教えを引き継ぎ、日本美術院同人・代表理事 那波多目功一先生のもと、日本画壇で研鑽を続ける23名が20号の意欲作を発表いたします。

[賛助出品]那波多目功一先生、齋藤満栄先生、前原満夫先生、松本高明先生 各10号

 

200528_bijyutugarou_0603.jpg

那波多目功一「昇陽紅白梅」10号
 

 

ー現代を生きる作家によるマスターピースのオマージュー名作REBORN展

200316_bijyutugarou_border.jpg

期間:6月10日(水)→16日(火) ※最終日は17時閉場

場所:本館7階 美術画廊

 

30名を超える新進気鋭の若手作家達が、歴史を彩った過去の名作絵画を現代の感性で描きます。

それぞれの作家がどのような作品のオマージュを描くのか。そんな視点からも楽しんでいただける展示会です。

 

200526_bijyutugarou_0610.jpg

[出品予定作家]青山健一 / 安藤俊己 / 伊藤知世 / いろはあやの / 江川史織 / 沖 綾乃 / 楽 嘉怡 川口絵里衣 / 川端あす香 / 河原佳幸 / 菊池鮎子 / 北嶋勇佑 / 木南 玲 / 久保田理世 小林望美 / 清水レイ / 鈴木琢未 / 関根貴之 / 高津ゆい / 高橋 梓 / 高橋祐次 竹田涼乃 / 丁子紅子 / 寺野 葉 / 西川果歩 / 根本佳奈 / 林 朝子 / 林 和輝 林 不一 / 藤田まりこ / 藤原悠里 / マツダケン / MARINA / 三谷拓也 / MIWAEL 柳田真理 / 山崎和樹 / 山崎美季 ほか

 

アニマル・ショウ~動物たちの誘惑~丸山友紀 日本画展

200316_bijyutugarou_border.jpg

期間:6月17日(水)→23日(火) ※最終日は17時閉場

場所:本館7階 美術画廊

 

金地に描かれた鳥獣画で人気を集める丸山友紀。

理想郷に動物たちを共存させ、過去から未来へ流れる時間の中に幻想的な世界観で見るものを惹きつけるように、瞳の奥に柔らかさ温かさを感じさせて描いています。

 

200526_bijyutugarou_0617.jpg

「赤柴童子」(3号S)
 

 

まつざわ美柑型絵染展2020

200316_bijyutugarou_border.jpg

期間:6月17日(水)→23日(火) ※最終日は17時閉場

場所:本館7階 上野が、すき。ギャラリー

 

型絵染の額、のれん、タペストリーで、いつもと違うお部屋を演出しませんか。

天然顔料と植物染料、絹や麻の風合いをお楽しみください。

 

200526_bijyutugarou_0617_2.jpg

「しのばずの池」型絵染 330×330mm
 

 

ー凱歌を奏でるー山下まゆみ 日本画展

200316_bijyutugarou_border.jpg

期間:6月24日(水)→30日(火) ※最終日は17時閉場

場所:本館7階 美術画廊

 

山下まゆみ先生は横浜に生まれ、1980年に多摩美術大学日本画専攻(加山又造教室)を卒業し、1982年に多摩美術大学大学院日本画専攻を修了。

現在は、個展を中心に精力的に発表を続けていらっしゃいます。

今展では、コロナ禍の早期の終息を祈る意味で「凱歌を奏でる」をテーマに、縁起物から先生のライフワークでもある猫を人物に見立てた歌川広重の名所江戸百景のオマージュ作品まで30余点を展覧いたします。

 

200528_bijyutugarou_0624.jpg

山下まゆみ「千駄木団子坂」6号F
 

 

※イベントの内容は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。