画廊情報 Gallery Information 名古屋店

画廊[南館6階]

第三回 吉村 佳洋 日本画展

平成28年11月30日(水)~12月6日(火)

1964年大阪府生まれ。
愛知県立芸術大学大学院日本画専攻修了。
愛知県立芸術大学准教授。日本美術院特待。
日本美術院を主舞台に精力的な活動を展開されている先生の8年ぶり三回目の個展。
四季折々の風景を独自の色彩で描いた新作約30点を展観。

■「蓮」 30F 税込 1,404,000円

第二回 阪本トクロウ 日本画展

平成28年11月28日(月)~12月6日(火)

1975年山梨県塩山市(現:甲州市)生まれ。
東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。
日常生活の中に広がる風景を、独自の視点で切り取った作品が好評の先生の7年ぶり二回目の個展。
自分の周りにあるもの、自分の背景を描き、見る人に既視感や懐かしさを感じさせるような新作約20点を展観。

<ご案内>

作家来廊予定/12月3日(土)

(※都合により変更になる場合がございます。)

■「エンドレスホリデイ」 40S 税込 1,101,600円

炎と土との語らい 第十回 唐津 西岡 良弘展

平成28年12月7日(水)~12月13日(火)

1954年佐賀県唐津市生まれ。無所属。
朝鮮唐津、斑唐津、唐津黒など、多彩な趣を見せる唐津焼の創作に意欲的に取り組まれ、その旺盛な探求心と真摯な作陶姿勢で多くの愛陶家を魅了する先生の2年ぶり十回目の個展。
素朴さの中に茶陶の心が息づく茶碗、水指、花入を中心に、充実の陶技が冴える新作約40点を展観。

■「唐津黒茶碗」 径15.0×高さ8.1cm 税込 399,600円

ないしょの時間 門倉 直子・東條 明子 二人展

平成28年12月7日(水)~12月13日(火)

門倉 直子 1977年千葉県生まれ。
文化学院芸術専門学校卒業。

東條 明子 1984年東京都生まれ。
東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。

彼女たちに強烈なジェラシーを感じながら、そのなにげない表情にスリルを追い求める門倉直子。
彼女たちの私小説的な心のうつろいをあたかも標本のように木彫で表現する東條明子。
二人の研ぎ澄まされた美意識が存分に発揮された女性像を一堂に展観。

■門倉直子「清潔な気持ち」
 <8P、油彩 税込 147,960円>

第8回 塚越 仁慈 油彩展

平成28年12月14日(水)~12月20日(火)

1948年静岡県伊東市生まれ。
武蔵野美術大学中退。
(社)日本美術家連盟会員。風土会会員。
ヨーロッパ各地の風景を詩情豊かに描いて好評の先生の3年ぶり8回目の個展。
今展は、スペイン・イタリア・フランス各地の風景を、より抒情的な色彩で描いた新作を展観。

■「セーヌ河畔」 30S 税込 2,700,000円

迎春用絵画即売会

平成28年12月14日(水)~12月20日(火)

新春を飾るにふさわしい日の出、富士、鶴、高砂、蓬莱山などの掛軸を中心に、山水画、季節の掛軸や、室内を彩る額装品など各種多彩に取り揃え展示即売。

■原 滄月「富士(三保の松原)」
 日本画、58×70㎝ 税込324,000円

第13回 小暮 真望 版画展

平成28年12月21日(水)~12月30日(金)

1948年群馬県生まれ。
明治大学大学院工学部修士課程卒業。
日本版画会会長。「尾瀬の郷」親善大使。
山々や木々、水と光が織りなす豊かな風景を、叙情溢れるタッチで描いて好評の先生の13回目の個展。
尾瀬、上高地などの各地に加え、日本百名山の貴重な自然の風景など、繊細な表現と鮮やかな彩りに満ちた版画(シルクスクリーン)作品約30点を展示即売。

■「輝映」 60.0×180.0cm 税込 712,800円

那波多目 功一 カレンダー原画展

平成28年12月21日(水)~12月30日(金)

1933年茨城県ひたちなか市(旧那珂湊)生まれ。
日本芸術院会員。日本美術院代表理事。 
日本美術院代表理事 那波多目功一先生によるカレンダー原画展。
綿密なデッサンに基づく繊細で優美な季節の花々を中心に、新作約20点を展観。

■「富貴花」 4号 税込 2,700,000円

pagetop
松坂屋名古屋店トップページに戻る