画廊情報 Gallery Information 上野店

美術画廊[本館7階]

第10回 美術蔵出し市

平成30年10月17日(水)~10月30日(火) ※最終日は17時閉場

毎年ご好評をいただいております、恒例の「美術蔵出し市」を開催いたします。日本画・洋画・陶芸作品まで、人気作家の作品約180点を展示即売いたします。ぜひこの機会にご来場賜りますよう、お願い申しあげます。

■【工芸】北大路魯山人「銀彩花入(草魚文)」
  高さ25.6㎝
■【日本画】堅山南風「翡翠」10号変
■【日本画】清水規「深々」8号
■【日本画】中路融人「富嶽」2号
■【洋画】葛西四雄「奥入瀬秋色」4号
■【洋画】高田誠「晴れゆくアルプスの麓」4号
■【洋画】中村清治「雪中の民家」 8号

アニメ・アート展

平成30年10月31日(水)~11月6日(火) ※最終日は17時閉場

アニメーションの撮影で実際に使用された貴重で楽しいセル画を50余点展示販売いたします。

■「鉄腕アトム(モノクロ)」セル画
 ⒸTEZUKA PRODUCTIONS
■「となりのトトロ」セル画
 ⒸSTUDIO GHIBLI
■「それいけ!アンパンマン」セル画
 Ⓒやなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
■「ゲゲゲの鬼太郎」セル画
 Ⓒ水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
■「ちびまる子ちゃん」セル画
 Ⓒさくらプロダクション/日本アニメーション
■「サイボーグ009」セル画
 Ⓒ石森プロ・東映アニメーション
■「サザエさん」セル画
 Ⓒ長谷川町子美術館
■「キャプテン翼」セル画
 Ⓒ高橋陽一/集英社・エイベックス・テレビ東京

―伝統から生まれる新たな美― 日展洋画作家新世代による作品展

平成30年11月7日(水)~13日(火) ※最終日は17時閉場

【出店作家】浅見文紀 伊藤尚尋 大友義博 大渕繁樹 黒木ゆり 児島新太郎 橘 貴紀 田中里奈 茶谷雄司 戸部善晴 永谷光隆 前田 潤 丸山勉 (五十音順・敬称略)

■伊藤尚尋「みんなで帰ろ」4号P
■永谷光隆「命脈」10号P
■丸山 勉「アラビアン・ナイト」6号F
■橘貴紀「初夏」4号F
■戸部善晴「朝の卓上」8号F
■黒木ゆり「壜」SM
■児島新太郎「絵草紙の夜」10号F
■浅見文紀「胴吹き桜」4号F
■前田 潤「赤い静物」8号F
■大友義博「still there」10号M
■大渕繁樹「富士朝陽」4号F
■茶谷雄司「Allemande」4号F
■田中里奈「上を向いて」53×30

写実へのまなざし 片桐剛 油彩展

平成30年11月14日(水)~20日(火) ※最終日は17時閉場

卓越した写実技巧で花、静物、人物、風景を描いた秀作、傑作の数々を出店いたします。ぜひこの機会にご高覧ください。

■「彼方の光」油彩 30号

第4回 谷口和正 油絵展

平成30年11月21日(水)~27日(火) ※最終日は17時閉場

日本の原風景を求めて取材し、いま眼の前に在る風景を通して古き良き昭和の時代を思い出させてくれるような、作品を描く谷口和正先生の4回目の個展です。温かい懐かしさにふれる作品の数々を展示即売いたします。

■「夏の余韻」6号P
■「酒蔵の在る通り」10号P

志村立美 美人画展

平成30年11月21日(水)~27日(火) ※最終日は17時閉場

志村立美 河岸 志村立美 (1907-1980) 群馬県生まれ、鏑木清方門下 山川秀峰へ弟子入り、画家を志す。 その後、「丹下左膳」の挿絵等で岩田専太郎と並ぶ人気画家となる。 挿絵の重鎮として活躍。晩年は挿絵の仕事を一切断り、本来の立美の原点である美人画へ回帰。独自の美人画像を確立していく。 本展覧会では、幻の志村立美の作品をぜひご覧ください。

■河岸

四季の韻 髙山知也 日本画展

平成30年11月28日(水)~12月4日(火) ※最終日は17時閉場

昭和55年、武蔵野美術大学造形学部日本画科卒業し、芸術院会員の加倉井和夫先生に師事。松坂屋上野店では4度目の個展開催となります。日本の四季の風景や花々を描いた情緒溢れる作品を展覧いたします。

■「旭日夫婦岩(伊勢・二見浦)」10号

pagetop
松坂屋上野店トップページに戻る
page top