画廊情報 Gallery Information 上野店

美術画廊[本館7階]

迎春用色紙即売会

令和元年12月25日(水)→31日(火) ※最終日は17時閉場
場所:本館7階 美術画廊

干支・赤富士・紅白梅など、精鋭作家が描いた迎春用色紙や、新春にふさわしい洋画小品30余点を出品いたします。

■塩田満男「赤富士」色紙

ー現代の琳派ー KOKIN作品展

令和2年1月2日(木)→7日(火) ※最終日は17時閉場
場所:本館7階 美術画廊

1963年島根県に生まれ、1994年にアーテックス展で現代アートの巨匠 今井俊充と出会い、以後師事。1996、97年にコンテンポラリーアート協会展で優秀賞を授賞し、以後パリにて個展開催。
東洋的な精神、「和」を独自の表現で具象化したKOKIN氏の作品はパリでも絶賛されました。

■「赤富士」30号

新春色紙即売会

令和2年1月2日(木)→7日(火) ※最終日は17時閉場
場所:本館7階 美術画廊

新春にふさわしいモチーフの色紙や絵画を出品いたします。

春・・・大渕繁樹 油絵展

令和2年1月8日(水)→14日(火) ※最終日は17時閉場
場所:本館7階 美術画廊

日本各地の風景を描く示現会理事 大渕繁樹先生の個展を開催いたします。
今回は、安曇野、長崎、富士など春を描いた作品を中心に秀作、力作の数々を出品いたします。

■「富士と桜」8号
■「緑映(木崎湖)」4号

現代作家による 吉祥だるま展

令和2年1月8日(水)→14日(火) ※最終日は17時閉場
場所:本館7階 上野が、すき。ギャラリー

縁起物として多くの人々に親しまれている達磨を、日本画・洋画ほか様々なジャンルのアーティストに彩っていただき、1年のはじまりを華やかにスタートいたします。
本体の達磨は東京西多摩地区、瑞穂町特産の達磨です。遊びごころ満載なだるまが皆さまに幸をもたらしますように!

【出品作家】
朱池亮人、勝田えみ、栗原由子、古家野雄紀、
玉田多紀、ツジモトコウキ、中村あや子、
永富由佳子、西川美穂、ハタユキコ、
藤田チャコス、谷津有紀、吉澤舞子

■勝田えみ
■中村あや子
■ツジモトコウキ

日本画・洋画 100選展

令和2年1月15日(水)→21日(火) ※最終日は17時閉場
場所:本館7階 美術画廊

昭和の時代を彩った巨匠作家から令和の人気作家まで、日本画・洋画・版画約100点を展観いたします。

■前田青邨「赤絵」10号
■川島優「Fragment box」20号F
■原雅幸「Mt.Dechrode」10号
■藤田嗣治「猫の本:アオラ」20.0×26.0cm
コロタイプ、500部、1930年

ガレ&ドーム アール・ヌーヴォー ガラスの美展

令和2年1月22日(水)→28日(火) ※最終日は17時閉場
場所:本館7階 美術画廊

19世紀末から20世紀初頭にかけ、アール・ヌーヴォーを代表するガラス芸術家として活躍したガレとドーム。
この二大巨匠は1900年のパリ万博でグランプリを分け合い、芸術家としての頂点に立ちました。
今展では、初期の作品からミュージアムピースまで約50点を展覧いたします。

■ガレ「蝶と日々草文ランプ」
H26.8cm 1904〜1914年頃
■ドーム「1906年国際射撃コンクール杯」
11.8cm 1906年

上野松坂屋動物園

令和2年1月22日(水)→28日(火) ※最終日は17時閉場
場所:本館7階 上野が、すき。ギャラリー

上野動物園の動物達を、新進気鋭の若手作家たち日本画、洋画、立体作品など、様々な技法で表現いたします。
どんな動物をチョイスし、制作するのでしょうか?作家たちの創造力が楽しみです!

【出品作家】
飯沼由貴、石橋美香、磯﨑菜那、板垣夏樹、内田有、川合香鈴、小島実、
しょうじこずえ、高津ゆい、高橋祐次、寺野 葉、中沢梓、中嶋弘樹、日向夏、西川果歩、松下大一、マツダケン、山本水葱 、ほか


日本画・洋画・工芸 特選展

令和2年1月24日(金)→29日(水) ※最終日は17時閉場
場所:本館6階 催事場

デジタルカタログはこちら >>

日本の風景を描く 絵画展

令和2年1月29日(水)→2月4日(火) ※最終日は17時閉場
場所:本館7階 美術画廊

写実風景画の第一人者、黒沢信男先生の作品を中心に精鋭作家が日本の風景、風情を描いた秀作を出品いたします。

■黒沢信男「雪晴れの朝」(新宿御苑にて)10号

pagetop